ひろにっき

 このページはその日にあった出来事
お客様の事、楽器修理の事などを
日記形式でほぼ毎日書くことにしました。
どうか気軽に読ん下さい。中には楽器の
メンテナンスの事も書きますのでお楽しみに
                                             

「やはり歯医者は
 こわい」
12月11日

 今日も歯医者へ治療の続きのため行って来ました。
 この間詰めているところをはずして治療したところを、新しく作った詰め物を入れて
頂くために行きました。
 やはりそこは、深く虫歯が進行しているために、神経が剥き出しになっていると思う
くらいのところです。麻酔をしたものの、そこに物が触れると、ビクッとなるからです。
 僕のおじいさんが、歯医者でした。小さい頃から「歯をちゃんと磨けよ!」という教えを
守らず、この年になって歯のありがたみが、痛みを伴うたびに、分かります。今から悔やんでも
しょうがないので、「これ以上虫歯を作らないぞ」と治療が終わるたびに思うのですが・・・
 歯は、なるべく毎食後に磨くようにしてます。
 しかし、遅く帰ってきて面倒くさくなることや、後、おやつを食べます。特に甘い物が
大好きなので、よく食べますが、その後は特に歯磨きはしていません。
 私の虫歯の原因は、それと、磨き方が下手なためだと今回指摘されました。
 歯を一本一本磨くように、一箇所を約十秒磨くようにしてくださいと言われました。
 確かに今までは、一箇所を5、6往復、時間にすると、3秒程度でしょうか。10秒と言うと
結構長い時間です。
 そこまで一箇所に時間をかけないと、虫歯の原因がたまるそうです。
 
 皆様、虫歯になりやすい人は、これを読んだら、歯の磨き方を見ていただくのと
一箇所10秒くらい、力を余り入れずに磨いてください。
 何とか、「80−20運動」の80歳まで20本の自分の歯を保とうという運動のように
私も今から虫歯を増やさないようにがんばります。
(でも、後、数本抜くと、20本でなくなってしまうのだけど・・・とほほ) 
「今、好んで聴いて
 いる曲」
12月12日

 この間、レコードショップで目に止まったものがありました。それは、クラシックの
女性ボーカルで、賛美歌やカントリーソングを、クラシックアレンジで歌っているのですが
その中に「Amazing Grace アメージング グレース」が入っており、とても気に入って
聴いています。
 この曲は、アカペラで、バックの合唱隊も入っているのですが、賛美歌風に歌っています。
 最近のテレビのドラマでも、難解か流れていたのですが、それほど、心は
動かなかったのですが、この歌声は私の心をつかんで、いつまでもその歌声が
耳の奥に残っています。
 クリスマスシーズンと言うこともあるのか、それとも、私の心が曇っているのかどうかは
分かりませんが、この歌声を聞くと、心が落ち着き、洗われるような気分です。
今はやっている「癒し」なのでしょう。
 体が疲れているときや、神経が高ぶっているときに聴くと、落ち着きます。
今の私に必要なのでしょう。1日何回も繰り返して聴いています。

 
「木管楽器と金管
 楽器の違い」
12月14日 

 この頃、フルートとサックスは、管体が金属なのになぜ木管楽器と言うのかと質問される
ことがありました。
 これをきっかけに、私も楽器について勉強することにしました。

 ものの本によると、その違いは、発音原因が楽器本体に届くより手前で、あらかじめ振動
させておくか、否かの点にあります。
 金管の場合は、唇が振動して発音するのですが、木管の場合、息の流れが楽器のある部分
に与えるショック(衝撃、抵抗)によって、空気振動が誕生する。
 これが、木管楽器と金管楽器の違いとなります。
 フルートの場合、リッププレートに、空気をあて、「カルマン渦」と呼ばれる物を発生させ
それが空気振動になってます。
 クラリネット、サックス、オーボエ、ファゴット、等は、「リード」と呼ばれる物が、奏者の
息によって振動し、空気振動となって、音となるのだそうです。
 シングルリードとダブルリードの違いこそありますが、発音する物としては一緒です。

「お客様の楽器
 シリーズ」
12月15日

 この前、またもや珍しい楽器の修理をした。
 
 この楽器は、「コーン」と言うメーカーの、「30M」である。
 「30M」がテナーサックス、同時期のアルトサックスを「26M」と呼ばれている。
 このモデルは、「コーン」の中ではもっともポピュラーな型の「6M」、「10M」と平行して作られたカスタム
モデルのようです。
 この楽器の特徴は、今日までのあらゆるメーカーのサックスで見たことも、また、これからも見ることも
無いだろうと思われる機構がついてます。「Permadjust Action」と呼ばれている物がついています。
 これは、各キーにバランス調整の為の調整できるネジと、それとは別に、キーの高さを調整するための
ネジがついているのです。この事については、明日詳しく話をいます。
 そして、サイドキーと呼ばれる部分の手があたる部分がすべて、「シルバーインレイ」と呼ばれてますが
銀製なのです。だから、手触りも良く、見た目にもそこの部分が銀色なので、高級感があります。
 これは、人から聞いた話ですが、コーンの26M,30Mを「楽器のロールス・ロイス」と呼ばれて
いたそうです。当時かなりの高額の商品だったようです。

 でも、この調整が、楽なところもあるのですが、面倒くさいところもありまして・・・

 この続きは明日。
「お客様の楽器
  シリーズU」
12月16日

 昨日の続き「30M」の話である。

 この楽器の特徴として「Permadjust Action」という、ネジが付いていることは
昨日書きました。
 このネジがあらゆる調整個所についており、調整するために、そのネジを留めているネジを緩めてから、調整ネジをクルクルと回して、高さを調整するのです。その数16箇所。
 普通ならば、調整コルクと、高さ調整のコルクを、厚めに貼って、削ればよいのですが
この楽器の場合、ネジを緩めて、クルクル回して、ネジを締めるという作業が必要なのです。
 この作業が面倒くさい点です。
 しかし、良い面もあります。
 それは、コルクを削りすぎた場合、また、コルクが縮んできた場合は、コルクの上に足すか
コルクを交換して、張りなおす作業が必要ですが、30Mの場合、ネジで調整するだけで
済むところは便利です。コルクを貼り直す時間よりは、はるかに短く楽です。
 この楽器には、今は見られないキーが付いています。G#のトリルキーです。
 

 この続きは明日
「お客様の楽器
  シリーズV」
12月17日

 トリルとは、楽譜上、指定された音符の長さの間、その音と、隣り合った2つの音を早く
反復する奏法である。
 その為、早く出来ない指使いがあるので、あるキーでそれを解消するために取り付けられたキーをトリルキーと言います。
 今はなぜG#のトリルキーがないかと言うと、その正確な答えは分かりませんが、私が
考えるに、昔のG#のキー操作よりもやりやすいためと考えます。軽く、指の上下運動で
出来るからです。
 昔のキーは、重たく、内側にねじ込むような操作をしなければいけないため、早く
操作し難いです。
 そこで、このキーを取り付けて、その難題を克服したのでしょう。

 この様に、昔の楽器を見ているだけでも楽しいです。いろいろな職人さんの苦労などが
想像できるからです。
「ある修理の
  出来事」
12月18日

 これは、あるサックスを修理していたときの出来事です。

 あるサックスのタンポ交換を頼まれて、キーを分解して、いざ、タンポを取ろうと思ったのですが
なかなか取れません。
 ふつう、タンポの裏に、シェラックと呼ばれるノリのようなものを温めて溶かし、キーのカップにつけるのです。だから、温めればそのノリが溶けて外れるはずなのですが。このキーは
温めても取れないのです。
サックス等の金属の楽器は、ほとんど真鍮で出来ています。そのままですと、錆びますので
「ラッカー」を表面に薄く塗って、腐食を防いでいます。
 ラッカーは、ある温度以上になると、こげて黒くなります。バーナーの火、1000度くらいの
炎であぶるのですが、ある時間以上にあぶるとこげてしまい、見た目が悪くなります。
 だから、ある時間以上にあぶっても取れない場合は、「これは、何かあるな」と思えるのです。

 続きは明日
「ある修理の
  出来事U」
12月19日

 熱であぶっても取れないため、ドライバーでこじ開けて見ると、接着剤を入れていたのでした。これは、素人さんがしたのだと思います。たぶん、前のオーナーがタンポが外れたので
接着剤でくっつけたのでしょう。
 単に接着しただけなので、調整は出来てなく、隙間がありましたが。
 最初のときは、それを知らずに、火であぶって、カップを狐色に焦がしたことがありました。
それはそれはお客さんにも怒られるし、社長にも怒られるし、2度と同じ過ちは、その失敗
以降は無くなりました。
 職人さんは、だれでもそうらしいのですが、失敗を重ねて、経験を積み、上手になっていくと
師匠がおっしゃられていました。師匠もそうだったようです。
 
「師匠からのメール 12月21日

 今日ニューヨークの師匠から簡単だけれどもメールが来ました。
 向こうはこれからクリスマス休暇のような、長い休みに入ります。いつまで休みかは
分かりませんが。
 だから、「良い休日を」と書かれていました。「こちらは連休だけれども、休みは無いよ」と
思いながら、「良い休日をそしてメリークリスマス」とこちらも簡単に打ちました。
 向こうはクリスマスイルミネーションがきれいで、観光客でどこもかしこも、人、人、人だそうで、NYの人たちはその間は人ごみを避けて、あまり外には出ないようです。
 でも、タイムズスクエアー等は、きれいなんでしょうね。数年後には行って愉しみたいです。
 メールの話に戻りますが、師匠と、もう少し気の利いた、長いメールでやり取りが出来ると
いいのですが、英会話の勉強もしたいと思ってますが、その他にやら無ければいけないことが
沢山あるので、出来ません。
 その話をすると妹は「時間は自分で作るもの」と軽く言われてしまいました。それはわかって
いるのだけれども、休養も必要なんです。とむなしい反論をして、自分で納得しています・・・。
「寒いですねー」 12月22日

 今日は暦の上では冬至、ご存知の通り昼間の時間が1年のうちで一番短い日である。

 私は寒いのが苦手です。特に手足が冷えると、肩をこわばらす為、肩こりがひどく
なりがちです。
 肩がこると、気分が優れなく、気持ちも沈みがちになるので、自分の体には良くない。
 そこで、なるべく肩こりをためない為に、肩を揉みほぐす運動や、首の運動などをよくする。
よく店の裏に入って肩をブンブン回したり、首をグルグルゆっくり回したりと言う具合だ。
 後寒いのがいやなのは、空気が乾燥するからだ。
 私は用事が無い限りは、自転車で通勤している。その方が運動にもなるのでなるべく
そのようにしている。
 しかし、冬場は空気が冷たいので、鼻呼吸よりも、口でする方が多い。空気が乾燥していると
のどをいためやすいのだ。
 元来喉は強い方ではない。そこで、乾燥した空気で呼吸をしていると、喉を痛めることが
多い。

 続きは明日。
「ごめんなさい」 12月23日

 
皆様すいません。今日は酔っ払ってます。
 実は今日私の入っている「ポプシーズ」の忘年会がありまして、仕事中に更新しようと
思ったのですが、修理の仕事があり、それに区切りがついたのが7時を過ぎていました。
ポプシーズの他の皆さんはもう先に始めているのです。
 そこに、遅れていきました。
 本来ならば、更新の仕事を終えてから行くのが本当なのでしょうが、まだまだ未熟者の私は
楽しいことを先にやりたいのです。
 でも、終わってから、こうして酔っ払いながら更新してます。
どうか皆様お許しください。m(_ _)m

 今も、ポプシーズの皆さんと酔いを覚ます為に、コーヒーを飲んでます。

 明日は、まじめに更新する予定です。どうか今日はこれで許してください。
 
「昨日は
 楽しかった!」
12月24日

 今日はクリスマスイブです。
 でも、そのことに関してあまり話すネタが無いので、昨日の事を話します 
 昨日の宴会はとても楽しかったです。
 悲しいことか、幸せなのか、昨日は心から笑った日でした。何か特別なことで笑ったのでは
ないのですが、いろいろと話が盛り上がり、話の上吊るされた事もありましたが
笑って笑って、頬の筋肉が今でも少し痛いです。
 この頃そういう笑いが無かったのですが、久々に笑えて、今年一年の苦労やら、悲しいことが
一掃出来たことは幸せなのかもしれません。
 ポプシーズとは、そういう人々が、集まったバンドです。年齢が離れていても、礼儀を
わきまえていれば、後は気楽に、ご陽気に話し合えるバンドだと思います。
(思っているのは私だけでしょうか?もしかしたら、失礼をしているかも・・・)
 でも、演奏レベルの高い方達がいらっしゃるので、練習は厳しい物があります。私も
まだまだ未熟ゆえ来年は周りの方達が、安心して吹けるように、練習を重ねていきます。

 「終わり良ければ全て良し」と言う風に、今年も後少しがんばりたいと思います。
「クリスマス in 
 TAKAMATSU]
12月25日

 Merry Christmas!!

 高松では、12月中旬から「冬の祭り」と言って、中心街の公園で、イベント等、さまざまな
催しものがあります。
 その中で、イルミネーションが中央通り、中央公園を彩っています。
 クリスマスツリー、動物を形取ったもの、道の両端に電飾など等、神戸の「ルミナリエ」には
劣りますが、とてもきれいです。
 子供連れの家族、恋人達、気の合う仲間などが、公園を散歩して愉しんでいるようです。
 高松は雪が少ないので、この時期ホワイトクリスマスになることはほとんどありませんが
数年前に、雪が降って、きれいだったようです。
 神戸の「ルミナリエ」は、阪神大震災からの復興の願いを込めて、始まったようです。
毎年、観光客も含めて、神戸の中心街、元町はにぎわっているようです。
 私も1回行きましたが、本当にきれいだったのを覚えてます。
 行く前はたかが電飾と思っていたのですが、そこの入り口に立ったとたん、あまりの美しさに
鳥肌が立ったのを覚えてます。
 普通は、人、人、人で、横にも行けなく、人の流れにしか動きようが無いくらいに、ものすごい
人なのですが、私が行ったときは、木曜日で平日だったので、沢山来てましたが、身動きが
取れないほどではありませんでした。
 高松にも、これの小さいの「ルミナリエ」が将来できると、観光名所になりそう、街がもっと
活性化すると思うので、実現してほしいです。
「今年を振り返って」 12月26日

 今年も後わずかとなりました。店のほうも今日が仕事納めです。そこで、今年を振り返って
みたいと思います。

 今年1月15日に開業の運びとなりました。
 でも、今だから言えますが、最初は周知されていなく、電話がかかってこない、お客様は
来ないと、淋しい毎日が続きました。これで、本当にやっていけるのだろうかと。
 本当に友達、知り合いと言うのは本当にありがたい私の宝物です。
 そうしているうちに、知り合いから一番最初の修理が来ました。このときは、本当に「仕事に
ありつけた」と張り切って修理をしました。
 少しづつ、皆さまが広げてくださり、日が経つにつれ、お客様の数がだんだん増えてきました。楽器も売れ、修理の仕事も増え、店に寄ってくださるお客様の数が増えてきました。
 私も、自分の楽しみを兼ねて、まずは私の周りからと言うことで、楽器に関するいろんな
バンド、サークルに、顔を出しました。そのお陰で、音楽仲間が増え、顔が少し広くなりました。
 私もビッグバンド初体験、そこでT.SAXを始めました。
 また、ホームページにも挑戦しました。そのお陰で、県外からのお客さんも来てくださった
こともありました。メール友達にもなりました。
 毎日がとても早く感じました。やること、なすこと、初体験で、今でこそ少しは落ち着き
ましたが、それでも、まだ、ペースをつかんでいないところがあります。
 今年は、開業した年であり、沢山の本当に良いお客様とめぐり合えた年でした。
 来年はさらに、沢山のお客様とお会いでき、交流の輪を広げていきたいと思ってます。
そして、皆様に身近に感じる、喜ばれるような楽器店を目指して猛進します。
 
 今年1年本当にありがとうございました。来る年が皆様にとりまして、明るく、幸せな年で
ありますように。
 また来年も宜しくご指導を、お願い致します。

 明日からひろにっきもお休みを頂きます。新春4日夕方から更新を開始しますので
お楽しみに。